ガレキから人へ。避難者と未来をつくる会

hitomirai.exblog.jp ブログトップ

実行委員会の風景から

山岸です。私のブログに書いた記事を転載します。


私もなんやらかんやら言っているうちに、実行委員会の一人としてバタバタと動き回っている。
一昨日の夜も実行委員会があり、大阪市内某所に不穏分子(?)が集まった。

集合した9人のうち、避難者が2人。ひとりは、共同代表の増山麗奈さん。
もう一人は、イベント当日に健康相談を担当して下さる医師の兼高先生。実行委員ではないが、事前の打ち合わせのために参加していただいた。

先生は埼玉におられて、子どもさんたちが鼻血出したり、話に聞いているまんまの様子になってしまい、食事に気をつけているだけでは追いつかないと判断され、ご実家のある関西に避難してこられたとのこと。

さて、会議では色々な事項の中で、「大阪府に対するヨウ素剤の配備の申し入れ」の話になった。共同代表の黒河内さんからの提案。
これに関しては、異論が噴出した。もちろん内容には何も文句はない。が、この会として今その話題で申し入れをするのはどうか、という話だ。

話はそれるが、この会の大きな特徴は、みな言いたいことを口々に言うので、すぐに収拾が付かなくなるということ。別の言い方をすれば、たとえ代表からの提案であっても、ギッチリ納得がいくまで議論する。
上意下達の対極であり、それだけに議論に時間はかかるが、日を追ってメンバーのやる気が上昇していくのが実感できる。

話を戻す。ヨウ素剤の配備について議論している中で、メンバーのNさんが発言した。Nさんの田舎は南相馬市で、親戚がたくさんいるという。
彼曰く、実際に被曝した人にとって、ヨウ素剤の問題は本質的な問題である。避けられたはずのリスクを、ヨウ素剤を飲まなかったばかりに負ってしまったという思いは、避難者にとって極めて深刻なことだ。と

一般的な予防的な配備の問題としかとらえていなかった私には、衝撃的な言葉だった。
つづけて、兼高先生が「みなさん、ヨウ素剤を持っていますか?」と質問された。
避難者の増山さんは、即座に「持ってます」
その他の関西在住のメンバーは、誰一人常備・携帯していなかった。

兼高先生「もう二度とゴメンですから。一粒5円ですよ。副作用もありませんし、フツウに薬局で売ってます。危ないと思ったら、ためらわずに直ぐ飲んで下さい。」

二度とゴメンだというその言葉に、万感がこもっていた。
わずか5円の粒を飲まなかったばかりに取り込んでしまった放射性ヨウ素。
漠然とした知識だけで、実は何も知らなかった私は言葉を失った。

この会に出ていると、こういう瞬間がしばしばある。
長くネットの住人であったわたしが、リアルの世界にはみ出した今回、頭をゆすられっぱなしである。
実行委員なんてガラじゃないと思いながらも、やってよかったと思う。

とは言え、とにもかくにも、8月31日にたくさんの人に来てもらわないと、どうもこうもならない。
ぜひとも、このブログを読んでいただいた方にもご参加をお願いしたい。

平日の昼なのでどうしても無理、という方も、今後の実行委員会=避難者と未来をつくる会の活動にご協力を!
[PR]
by garekikarahito | 2012-08-24 23:18
line

8月31日大阪のドームセンターで行われる「未来をつくるフォーラム」開催をきっかけに「避難者と未来をつくる会」発足。住宅・雇用など避難者支援のいろいろな情報発信、非汚染地帯をガレキから守る。


by garekikarahito
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite